HOME > 取扱い業務 > 成年後見

成年後見

成年後見制度について

成年後見制度とは、高齢などの理由で判断能力が充分ではない方が詐欺被害などに遭わないように、家庭裁判所に申請して、財産の管理者を選任してもらう制度です。

成年後見制度の手続き

成年後見制度の手続き 成年後見人の選任は、本人の判断能力が十分でないと判断されるときに、家庭裁判所に成年後見人の選任を申請するところから始まります。
この制度を、裁判所に申請して成年後見人をつけることから、法定後見と言います。
また、正常な判断能力を有するうちに将来の後見人候補者を本人が選任するのが任意後見制度です。
 

成年後見制度を使用するメリット

一番のメリットは、財産の管理委託ができる点です。
成年後見人は契約の取り消しもできるので、依頼者が何か余計なものを買ってしまった時には、成年後見人の名義で契約の取り消しが行えます。
そもそも成年後見人をつけると本人には処分権がなくなり、お小遣い程度しか、お金が使えなくなります。
また、被後見人の財産を親族が使い込みをした場合など財産を巡る紛争が有る場合に、弁護士をはじめとする専門職の後見人がついて、財産の管理、取り戻しをすることもあります。