HOME > 取扱い業務 > 交通事故

交通事故



交通事故問題について、こんなお悩みはないですか?

交通事故問題について、こんなお悩みはないですか? 交通事故のご相談にいらっしゃるのは、ほとんどが被害者側です。内容的には、過失割合や相手からいくら損害賠償をしてもらえるのかの質問が多いと思います。
また、加害者側の保険会社や弁護士が強引で、代わりに交渉をやって欲しいという依頼もあります。
 

当事務所へ依頼するメリット

当事務所はフットワークの軽さと粘り強い交渉力をウリにしています。示談金の額なら、「相模大野法律事務所に頼んでよかった」という額までもっていけるよう業務を遂行していきます。

示談交渉、損害賠償請求

交通事故の被害者になった場合、加害者が契約している保険会社が事故後1カ月ぐらいの時期に示談交渉を持ちかけてきます。
これは、ケガを負って治療中であっても容赦はありません。治療中であれば治療費の計算ができないのですが、「もう治療の必要がない」と言ってくるケースもあります。
しかし、この段階で示談交渉に応じることは絶対にやめてください!!
通常、保険会社が提示してくる賠償額は、裁判の際に基準とされている金額の半分から3分の1程度であることが大半です。
中には、「2日以内にハンコを押して欲しい」などと、強引な交渉を仕掛けてくる保険会社もあるのですが、書類にハンコを押してしまうと修正がきかない場合もあります。
ですから、交通事故に遭った場合には、病院で応急処置が終わったらすぐ相談にきていただいても、決して早すぎることはありません。
示談に応じる前であれば、示談金の額をアップするなど、様々な案を提示することが可能です。